響の森クルー登録規程

鳥取県立氷ノ山自然ふれあい館 響の森

(目的)
第1条 この規程は、氷ノ山自然ふれあい館響の森(以下、「響の森」という。)の設置目的の達成に寄与する協力者の登録及び活動について定めることを目的とする。

(名称)
第2条 登録者を響の森クルー(以下「クルー」という)と称する。

(活動内容等)
第3条 クルーは、次に掲げる活動をするものとする。

()響の森が企画運営する事業への協力
()クルーが自主的に企画運営する事業であって、響の森が事前に承認した事業
()その他響の森が承認した事業

2 響の森は、必要に応じてクルーの活動を制限又は中止することができる。
3 響の森は、クルーに対しクルーの活動について必要な報告を求めることができる。

(登録の要件)
第4条 響の森の設置目的に賛同し、これに協力しようという熱意のある者は誰でもクルーに登録できる。

2 響の森にクルー事務局(以下「事務局」という)を置き、登録管理は事務局が行う。

(登録有効期間)
第5条      登録は、登録した日から、当該年度の3月31日までとする。

2 継続の意志のある者は、登録を1年ごとに更新できる。

(登録の取り消し)
第6条 事務局は、次に掲げる各号のいずれかに該当する者について登録を抹消できるものとする。

()自主的に抹消を申し出た者
()活動の意思がない者
()本規程に違反した者
()響の森がクルーにふさわしくないと認める者

(登録証)
第7条 登録証の扱いは、次の各号に掲げるとおりとする。

()登録証は名札として響の森がクルーに貸与する。
()登録証は譲渡してはならない。
()登録証は登録が抹消された場合速やかに返還しなければならない。
()登録証を紛失した場合には、直ちに事務局に届け出て再交付を受けなければならない。
()クルーは活動に際し常に登録証を着用しなければならない。

(経費)
第8条 クルーの活動は、無報酬とする。

2 クルーの活動に要する経費で、事前に響の森の了解を得たものについて、響の森は予算の範囲内で弁償する。

(便宜)
第9条 事務局はクルーの活動のために必要と認められる範囲において、次の各号に掲げる便宜を図るものとする。

()施設の使用、通信手段の使用、広報宣伝手段の提供、各種情報の提供。
 ()その他響の森が認めたこと。

(規程の改訂)
10条 この規程に不都合が生じた場合は、響の森はクルーと協議して改訂する。

(細則等)
11条 この規定に定めるもののほか、クルーに関する事項で必要なことは、響の森がクルーと協議して定める。

(付則)
この規程は平成16年(2004年)4月6日から適用する。