ニホンジカ
Cervus nippon


最近数が増えすぎて、害獣として問題になっている。
氷ノ山では、植物の食害が多い。残業をしていて少し遅い時間に帰ると道路で出会う。
   ツキノワグマ
Selenarctos thibetanus

胸の月の輪が名前の由来のクマ。氷ノ山にももちろん生息していますが、登山中に出会うのは希。ただし、クマの生息地に人間がおじゃましているので、鈴などで、こちらの存在をアピールすることが大切。
   イノシシ
Sus leucomystax


氷ノ山のスキー場や林道の脇を掘り返しているのは、このイノシシの仕業。地中にいるミミズなどの昆虫や植物の根を食べているらしい。
   タヌキ
Nyctereutes procyonoides


化ける動物の一番手。雑食性で何でも食べる。夜行性なのでなかなか出会うことが出来ないが、慣れると人前にも現れる。
   コウベモグラ
Mogera robusuta Nehring,1891


響の森の水路の掃除の時に見つかった個体。土に潜る為の前足は大きく、肉厚。写真撮影後、地面においた瞬間に土の中に入っていき、あっという間にいなくなった。
   ヒミズ
Urotrichus talpoides


漢字で書くと「日見ず」で、その名の通り日中は土の中から出てこない。モグラよりも小柄で、穴掘りは苦手。
   ヒメネズミ
Apodemus argenteus

森のネズミで、耳が大きく、しっぽが長いのが特徴。
この個体は、響の森に進入し悪さをしていたものをスタッフが捕獲し、野外に離したもの。
   ヤマネ
Gllrulus Japonicus


くりくりまなこのかわいい動物ヤマネ。背中に黒いラインが入って、しっぽはふさふさ。普段は夜行性で昆虫や花の蜜を吸ったりして生活している
   ノウサギ
Lepus brachyurus


ノウサギは、目は赤くない。この個体は子どもで、たまたまスタッフが活動中に見つけたもの。たぶん、すごい緊張で体が固まっているものと思われる。
 ニホンザル
Macaca fuscata


氷ノ山ではなかなかお目にかかれないニホンザル。この写真は、スタッフが長砂集落で運転中に発見し撮影したもの。
   ホンドモモンガ
Pteromys momonga


これこそなかなか氷ノ山ではお目にかかれない動物。基本夜行性で、樹上で生活するため出会うことは希。この写真は運がいいとしか言いようのない写真です。
  テン
Martes melampus


イタチよりも大型で、顔の毛の色が季節によって変わる。夏毛は黒、冬毛は白。写真は夏毛。
事務所の窓から見える壁の上をさっと横切っていったので、あわてて追いかけて撮影した。
↑top



シマヘビ
Elaphe quadrivirgata


響の森の裏の林道で法面の水抜き用のパイプや、コンクリートの割れ目から顔を出していることもある。大きくなると子どもの身長くらいになる。スタッフのT&K(男)は捕獲しようとしてたびたびかまれる。
   シマヘビ(幼蛇)
Elaphe quadrivirgata


大人になると、縞模様の蛇になるが、子どもの頃は模様が様々。
時々マムシかと見間違うこともある・・・?
   ジムグリ
Elaphe conspicillata


スタッフKが一番好きなヘビらしい。目がくりくりでかわいいのがいいらしい。面白いのはお腹の模様。赤と黒のモザイク模様は見る価値ありです。
   アオダイショウ
Elaphe climacophora


木登りが得意なヘビ。鳥の巣を襲って卵やヒナを食べちゃうヘビ。スタッフOいわく「悪い顔してる。」らしい。
   マムシ
Agkistrodon blomhoffii


棚田や登山道脇でも見ることがある。他の蛇と比べ、短く太い姿と、銭形模様でそれと分かる。他のヘビは、人の気配に気づくと逃げることが多いが、マムシは逃げずに、戦闘態勢に入る。見かけたら近寄らず、その場から離れるほうが無難。毒アリ。
   シロマダラ
Dinodon orientalis


白と紫ががった模様の美しいヘビ。夜行性で、なかなか出会うことが出来ないが、まれに夜の道路を歩いていることがある。おとなしく臆病なヘビである。
   モリアオガエル
Rhacophorus arboreus


森に住む青いカエル「モリアオガエル」。6月頃から響の森裏の林道の脇の水路周辺で、泡の中に卵を産む。卵から孵ったオタマジャクシは、そのまま水路へ落ちる。
   白いモリアオガエル
Rhacophorus arboreus


目が赤く、体が白いモリアオガエル。このような個体をアルビノと言うが、非常に珍しい。発見時は響の森で白いカエルフィーバーが起きた。
   ヒキガエル
Bufo japonicus


森の中を歩いている大型のカエル。スタッフKは「親分」と呼んでいる。ジャンプよりも歩くことが多く足の裏面はごつごつで職人の手の平のようです。
   タゴガエル
Rana tagoi


登山していて一番出会うことの多いカエル。茶色い個体が多い。
登山道脇の小さな沢で春先鳴いているが、石の下などの隙間にいるので姿は見えない。ただ鳴き真似すると返してくれる。
   トノサマガエル
Rana nigromaculata


モリアオガエルが産卵する溝や、棚田でも普通に見られるカエル。
背中の筋がよく目立ち、逃げるときは水の中に1ジャンプで飛び込む。
   カジカガエル
Buergeria buergeri


清流を好むカエル。鳴き声も美しいのは有名。氷ノ山では、沢の周辺や、時には沢沿いの道路脇の外灯に来ることもある。
   ニホンカナヘビ
Takydromus tachydromoides


「へび」と名が付くが、脚があるのでトカゲの仲間。
日当たりの良い場所でひなたぼっこする姿を見つけ、捕獲しようとすると素早く逃げる。しっぽの部分を自分で切ることができる。ピンチになったら、しっぽを切り離して逃げる荒技を使う。切れたしっぽはしばらく動いている。
   アカハライモリ
Cynops pyrrhogaster

棚田や、響の森の裏の溝で見ることが出来る。腹面は赤いのが特徴。ヤモリとよく名前を間違われるが、漢字で書くとヤモリ=屋守  イモリ=井守となり「井」は田んぼを表す。
   ヒダサンショウウオ
Hynobius kimurae


沢沿いで時々見つかるサンショウウオ。黄色の斑模様が特徴。
動きは素早くて、イモリなんかよりもずっとすばしっこい。
   ハコネサンショウウオ
Onychodactylus japonicus


細長いシルエットで、目が飛び出してとってもユーモラスなサンショウウオ。幼体は流れのある沢で暮らしているので、指先に爪が付いている。
↑top



セグロセキレイ
Motacilla grandis


響の森の建物のまわりでよく見る鳥。頭方背中にかけて黒いのですぐそれと分かる。
   ツグミ
Turdus naumanni eunomus


響の森の建物のまわりの芝生などで、地面に下りている所をよく目撃する。そっと近寄れば近くで観察できる。
   アカゲラ
Dendrocopos major hondoensis


キツツキの仲間で、頭は黒く、尾羽の付け根は赤い。
木を叩くドラミングの音が聞こえたら、探すと姿が見えることもある。
   トビ
Milvus migrans lineatus


一番身近な猛禽類。氷ノ山山頂の上空も飛ぶことがあり「イヌワシ?」ってよく間違われる。トビは尾羽がバチ状になっているので飛んでいても見分けやすい。
   アカショウビン
Halcyon coromanda major


どこに行っても大人気の夏鳥アカショウビン。この写真は、響の森正面玄関のガラスに激突し、脳しんとうを起こしていた時のもの。この後、無事に飛んで行ったそうです。
   アオゲラ
Picus awokera awokera


青い(緑)キツツキ。写真は、ガラス戸に激突した個体を回収したときのもの。尾羽は固く、くちばしから少し出ている舌が長かったのにスタッフ一同驚き。
   イワツバメ
Delichon urbica dasypus


毎年、つく米集落の橋の下にやって来て子育てをします。生まれたヒナは飛行練習に響の森にやってきて、疲れたら休憩って感じでしょうか?
   コゲラ
Dendrocopos kizuki seebohmi


小型のキツツキで、冬場スノーシューのツアーの時などにも出会うことが出来る。木の幹を上り下りする姿はかわいらしく、見入ってしまいます。
↑top



キアゲハ
Papilio machaon hippocrates C. et R.Felder, 1864
黄揚羽

氷ノ山の山頂付近でもよく見られる蝶。似た種類のアゲハ(ナミアゲハ)とは前翅の付け根が黒いのですぐ分かる。
   キアゲハの幼虫
Papilio machaon hippocrates C. et R.Felder, 1864

縞模様とオレンジ色が目立つ幼虫。氷ノ山ではシシウドの葉や花を食べているのがよく目立つ
   ウスバシロチョウ
(ウスバアゲハ)

Parnassius glacialis Butler, 1866

氷ノ山では5月の終わり頃から6月に見られる蝶で、スキー場のアサツキなどで吸蜜している。名前のとおり翅が薄く、ふわふわと柔らかく飛ぶ。
   ミヤマカラスアゲハ
Papilio maackii Menetries, 1858
深山烏揚羽

大型の蝶で、黒とエメラルドグリーンがよく目立つ。
夏には水場で水を飲む姿が見られる。
   アサギマダラ
Parantica sita niphonica (Moore, 1883)
浅葱斑

旅する蝶「アサギマダラ」。氷ノ山ではスキー場のヒヨドリバナの白い花にたくさん集まる。捕まえると、柑橘系のにおいがする。
   アカタテハ
Vanessa indica (Herbst, 1794)
赤蛺

前翅に数字の3のオレンジ色が目立つ。
春先には、石の上などで翅を広げて日向ぼっこする姿が良く見られる。
   ミドリヒョウモン
Argynnis paphia tsushimana Fruhstorfer, 1906
緑豹紋

氷ノ山のスキー場周辺で、よく見かける大型のヒョウモンチョウ。他のヒョウモンチョウとは後翅のウラの白い筋で区別が容易。
   スミナガシ
Dichorragia nesimachus nesiotes Fruhstorfer, 1903
墨流

墨を流したような美しさから付いた名前「スミナガシ」渋い趣とは別に口吻は真っ赤でまた美しい蝶。響の森では時々館内に迷い込む。
   ヒメウラナミジャノメ
Ypthima argus Butler, 1866
姫裏波蛇目

細かい波模様のあるジャノメチョウ。小型の蝶で小刻みに飛びオカトラノオやヒメジョンなどで吸蜜する姿を見ることが出来る。
   ツバメシジミ
Everes argiades hellotia (Menetries, 1857)

シジミチョウの仲間で、響の森の周辺でもよく見られる。後翅の先に突起があるので、似た色の種と区別は簡単にできる。
   ベニシジミ
Lycaena phlaeas daimio (Matsumura, 1919)
紅小灰蝶

春先から秋まで年中よくみられる蝶。名前の通り紅色の模様がよく目立つ。
   ダイミョウセセリ
Daimio tethys (Menetries, 1857)
大名挵

小型で素早く飛ぶセセリチョウのなかま。茶色が多いセセリチョウのなかで黒色は氷ノ山には本種のみ。黒地に白の模様は名前の通り紋付き袴を着た大名。
   エゾスズメ
Phyllosphingia dissimilis (Bremer, 1861)

止まると翅の形が面白いスズメガ。夏に響の森の街灯に飛来したものを撮影。大型で迫力のあるガ。
   イカイモンガ
Pterodecta felderi (Bremer,1864)

昼間、花で吸蜜する姿をよく見ることが出来る。
チョウの様に見えるので勘違いされることがあるが立派なガ。
   アカエグリバ
Oraesia excavata (Butler, 1878)

響の森の駐車場の落ち葉に隠れていたもの。翅の形はまるで木の葉の様。よく見ると顔も特徴的でウルトラマンに出てくる怪獣を連想させる。
   オオスカシバ
Cephonodes hylas (Linnaeus, 1771)

高速で飛んで、花の蜜を吸う姿はハチドリと間違えられる程。
時にはハチにも間違えられるスズメガの仲間。
   フクラスズメの幼虫
Arcte coerula (Guenee, 1852)

響の森の裏の林道では、アカソの葉を食べているのを普通にみることが出来る。近づいたり触ったりすると、おしりを左右にブンブン振って威嚇する。なかなかの迫力。
   ハンノケンモン(幼虫)
Jocheaera alni (Linnaeus, 1758)

ハンノキの葉っぱを食べる。ガの幼虫で、黄色と黒の模様もすごいが、毛ではなく、リボンがついているようなおもしろい毛虫。見た目は??な毛虫です。
   ナカグロモクメシャチホコ(幼虫)
Furcula lanigera (Butler, 1877)

ガの幼虫。どっちが頭か分かりますか?葉の上を探すと見つかるが、枯れた葉に擬態しているのかもしれない。
   ルリタテハ(幼虫)
Kaniska canace nojaponicum (von Siebold, 1824)

ルリタテハの幼虫は、ユリ科の植物を食べます。(写真はヤマジノホトトギスを食べている個体)
とげとげですが、刺すことはないですし、毒もありません。
   アケビコノハ
Adris tyrannus (Guenee, 1852)

アケビの葉を食べるので、アケビを見つけたら探してみてください。目玉の模様が特徴です。これもどこが頭か分かりますか?
↑top



ハンミョウ(ナミハンミョウ)
Cicindeel Cicindela chinensis japonica Thunberg, 1781

キャンプ場や林道で普通にみられるハンミョウ。
普通種とはいえ体の美しさはピカイチ。
飛ぶ姿もまた美しい。
   オオオサムシ
Carabus dehaanii dehaanii Chaudoir, 1848

地上をガシガシ歩く昆虫で、足が長く、光の当たり具合で美しく輝く。この写真は館内に迷い込んだ個体を撮影。
   セアカオサムシ
Hemicarabus tuberculosus (Dejean et Boisduval, 1829)

スキー場内のアスファルトの上を歩く個体を撮影。やや小型で胸部が赤く。上翅にはこぶが並ぶ。かっこいいオサムシ。
   クロナガオサムシ
Carabus procerulus Chudoir

冬季(積雪時)に響の森裏の朽ち木の中で越冬中の写真。
面長のシルエットと色の黒さで本種とすぐ分かる。

   クロシデムシ
Nicrophorus concolor Kraatz, 1877

夜間にスキー場駐車場の外灯に飛来していた個体。体には無数のダニが付いていた。森の掃除屋。
   ヨツボシヒラタシデムシ
Dendroxena sexcarinata (Motschulsky, 1860)

森の掃除屋。氷ノ越の登山道で撮影。平たい体と胸部の黒い4つの紋がよく目立つ。
   ヒメオオクワガタ♂
Nipponodorcus montivagus montivagus (Lewis, 1883)


なかなかみることが出来ないクワガタ。オオクワガタよりも小さく、脚が長いのが特徴。見つけるのは運が必要かも・・・
   ヒメオオクワガタ♀
Nipponodorcus montivagus montivagus (Lewis, 1883)


一見ミヤマクワガタにも見えるが、脚の長さが特徴的。
脚長の美しいクワガタ。
   ミヤマクワガタ♀
Lucanus maculifemoratus Motschulsky, 1861


響の森の街灯にもよく飛来するクワガタ。オスは昼間も行動し氷ノ山ではウリハダカエデで樹液を吸う姿も目撃例がある。
   スジクワガタ♀
Macrodorcas striatipennis Motschulsky, 1861

上翅の筋が特徴でその名が付いた小型のクワガタ。木の割れ目や樹皮の隙間で発見出来る。
   オニクワガタ♂
Prismognathus angularis angularis Waterhouse, 1974

ブナ帯のクワガタで、響の森の写真フォルダを整理して、写真を確認したもの。ヒメオオクワガタもなかなか見つからないが本種も氷ノ山では希。
   センチコガネ
Geotrupes auratus Motschulsky, 1857

森の掃除屋。ほ乳類の糞を食べる。2009年には探勝路の無数のほ乳類の糞があり、そこにたくさん集まっていた。糞の下を掘るとオスメスペアで見つかる。
   ヒメアシナガコガネ
Ectinohoplia obducta (Motschulsky,1857)


6月頃ウツギの花の中に頭をつっこんでいる姿をよく見る。色違いもいるので、比べると面白い。
   マメコガネ
Popillia japonica Newmann, 1844

食葉のコガネムシ。氷ノ山でも非常によく見る。葉の上で交尾しながら葉を食べている姿を観察することが出来る。
   セマダラコガネ(黒化型)
Blitopertha orientalis (Waterhouse, 1875)


背中に斑模様があるので、わかりやすい小型のコガネムシ。
マメコガネと同様、葉っぱの上にいることが多く簡単に見つかることができる。
   セマダラコガネ
Blitopertha orientalis (Waterhouse, 1875)


上の写真の黒化型と色が違うが同じ種類。氷ノ山ではどちらも見られます。
   オオトラフコガネ
Paratrichius doenitzi (Harold, 1879)

脚が長く、模様が特徴的なコガネムシ。触覚が長く、動きは意外と素早くよく飛ぶ。
   ナナホシテントウ
Coccinella septempunctata Linnaeus, 1758

誰もが知ってるテントウムシの代表格。アブラムシを食べる。捕まえると黄色い液を出しす。この液は美味しくない。
   ナミテントウ
Harmonia axyridis (Pallas, 1773)


模様が多様で、いろんなタイプが見られる。氷ノ山にも写真以外にたくさんのタイプがいるので、探して比べると面白い。
   オオニジュウヤホシテントウ
Epilachna vigintioctomaculata Motschulsky, 1857

食葉のテントウムシ。氷ノ山では、スキー場などの畑でジャガイモやナスの葉を食害する姿を見ることが出来る。
   トホシテントウ
Epilachna admirabilis Crotch, 1874

食葉のテントウムシの一つ。カラスウリなどの葉の上で見つけることが出来る。背中の黒い模様が大きく、すぐそれと分かる。
   カメノコテントウ
Aiolocaria hexaspilota (Hope, 1831)

日本でも最大級の大きさを誇るテントウムシ。クルミハムシの幼虫を食べる。氷ノ山では、山頂に吹き上げて飛んでいる姿を登山すると見ることが出来る。
   ノコギリカミキリ
Prionus insularis insularis Motschulsky, 1857


真っ黒なカミキリムシで、触角はのこぎり状。胸部側面にはとげがある。灯火にもよく集まるので、響の森や氷太くんの外灯で見ることが出来る。
   ゴマダラカミキリ
Anoplophora malasiaca (Thomson, 1865)


水玉模様が素敵なカミキリムシ。顔は怖いが、模様はかわいい。
ヤナギの木にいることが多く。飛んでいる姿もよく見る。子どもには人気の昆虫。
   ヨツスジハナカミキリ
Leptura ochraceofasciata ochraceofasciata Motschulsky, 1861


夏に咲く白い花に集まるカミキリムシ。背中に四つの筋があるのが名前の由来。サイズがひとまわり大きいのはオオヨツスジハナカミキリで別種。
   ヒメコブヤハズカミキリ
Parechthistatus gibber Bates

背中にこぶのあるカミキリムシで、上翅がくっついているので飛ぶことが出来ないカミキリムシ。氷ノ山では、登山の途中の杉林の切り株などを歩いている姿を見ることが出来る。
   ヨツボシナガツツハムシ
Clytra arida Weise, 1889


一見模様はテントウムシだが、形が長細く筒状に見える。
多分、テントウムシに擬態していると思われる。
   セモンジンガサハムシ
Cassida versicolor (Boheman, 1855)


大山でも話題になった金色の昆虫。プラスチックのカバーがついたような形で、洗面器を逆さにしたような面白い姿をしている。
   セアカヒメオトシブミ
Apoderus (Compsapoderus) geminus Sharp, 1889


揺籃をつくる昆虫オトシブミの一種。5月~6月頃にヤナギの葉を巻く姿を観察できる。作った揺籃は切り落とさずぶら下がったままにすることが多い。
   ヒメシロコブゾウムシ
Dermatoxenus caesicollis (Gyllenhal, 1833)

何となく、モビルスーツを連想させるフォルムのゾウムシ。トチの葉の上などでよく見かける。捕まえようとすると、脚を縮めて落下し、行方をくらます。捕まえる時は下に網を置いて手を伸ばすと簡単に網の中へ・・・。
   ヒゲボソゾウムシの一種

初夏に登山をしたり、林道を歩くと、葉の上で多数見ることが出来るが、似た種が多く同定は難しい。動きは早く、葉の上を歩きまわる。
↑top



トノサマバッタ
Locusta migratoria Linnaeus, 1758


大型のバッタで、氷ノ山ではスキー場やキャンプ場の草地で草のまばらな所でよく見かける。逃げるときはジャンプし翅を使って遠くまで飛んでいくので、捕まえるのは一苦労。
   ハネナガフキバッタ
Eirenephilus longipennis (Shiraki, 1910)


名前のとおり翅の長いフキバッタ。胸部背面のしわが特徴。
8月くらいから、響の森周辺でもよく見ることが出来る。
   ヒメギス
Metrioptera hime Furukawa, 1950


真っ黒のキリギリス。スキー場でも草が生い茂った所を好んで、葉の上などにいることが多い。捕まえようとすると、草の中に潜るように逃げるので、捕虫網ではすぐに逃げられる。捕獲には手づかみが一番効果的。
   ナキイナゴ(♀)
Mongolotettix aponicus japonicus (Bolivar, 1898)


後脚と翅をこすりあわせてシキシキとなく。♂は翅は長く、♀は翅がない。ススキの上で鳴いているので、鳴き声を頼って探すと、鳴いている姿を観察できる。
   ヒロバネヒナバッタ
Chorthippus latipennis (Bolivar, 1898)


小型のバッタで、氷ノ山の山頂付近でもよく見かける。
ナキイナゴ同様、後脚と翅をこすり合わせて鳴く。
   ホソクビツユムシ
Shirakisotima japonica (Matsumura et Shiraki, 1908)


響の森の裏の林道の脇でよく見かける。触角が長く、白い部分が目立つ。
   カンタン
Oecanthus indicus Saussure, 1878


9月頃、クズの葉の上や裏で、ルー・ルーと鳴く。
探すときは、鳴き声を頼りに葉の裏などを丹念に見ていくと鳴いている♂の姿を見ることが出来る。その周辺を探せば他の個体が多数いることが多い。
   アシグロツユムシ
Phaneroptera nigroantennata Brunner, 1878


脚が黒いツユムシ。昼でも、見ることが出来る鳴く虫。
他の種と見分ける場合は、上翅と後翅の長さも重要。
   エダナナフシ
Phraortes illepidus (Brunner von Wattenwyl, 1907)

枝に擬態する昆虫。葉の上や枝に止まってカモフラージュ。
ナナフシとエダナナフシの見分け方は、後者のほうが触角が長い。エダナナフシは赤みがかった♂をよく見ることが出来る。
   トビナナフシ
Micadina phluctaenoides (Rehn, 1904)


響の森の裏の林道脇のコナラの木などにいる。樹上にいるので、長い網でバサバサ梢をすくうと網に入る。翅は小さいが、飛ぶ為の役割は果たしている。実際、少しだけ飛ぶ。
↑top